活動報告

このエントリーをはてなブックマークに追加

活動

令和4年6月 定時会員総会議事録

令和4年6月18日午前10時00分より、主たる事務所所在地である東京都中野区南台5丁目15番20-201号において、一般社団法人民事法情報研究会(以下「当研究会」という。)の定時会員総会を開催した。

議決権のある当法人会員総数208名
総会員の議決権の数208個
出席正会員数(委任状による者201名を含む)202名
この議決権の総数202個
出席理事 小口 哲男(議長兼議事録作成者)

定刻に至り、小口会長が司会し、以上のとおり総会員の議決権の過半数に相当する会員の出席の下、本会を開会した。
次いで定款第15条により小口会長が議長となって審議に入った。

第1号議案 令和3年度事業報告、決算及び監査報告承認の件
議長は、当期(令和3年4月1日から令和4年3月31日まで)における当研究会の事業状況を会員総会資料3(令和3年度事業報告書)により説明報告し、次の書類を提出して、その承認を求めたところ、満場異議なく、これを承認可決した。
1 貸借対照表及び付属明細書(会員総会資料4)
2 正味財産増減計算書及び附属明細書(会員総会資料5)
3 令和3年度収支計算書(会員総会資料6)
4 監査報告書(会員総会資料7)

第2号議案 令和4年度事業計画・収支予算承認の件
議長は、令和4年度事業計画・収支予算を会員総会資料8により説明し、特に、収支予算において、令和3年度に続いてではあるが、令和4年度に限定して会費を徴収しないものとしたこと、昨年制定した経理規程に基づき、令和3年度収支計算書を作成し、監事監査の対象とした旨の説明があった。
次いで、議長は本議案の賛否を諮ったところ、満場異議なく、これを承認した。

第3号議案 役員改選の件
議長は、本定時会員総会の終結の時をもって中垣理事から退任の申し出があったので、後任理事を選任する必要がある旨を述べ、会員総会資料9のとおり理事1名を選任してはどうか諮ったところ、満場異議なくこれに賛成したので、可決確定した(選任された理事の住所・氏名は次のとおり。)。
なお、議長から、選任された理事から、あらかじめ就任を承諾する旨申し出ていただいていること、また、選任された理事は公証人であるため、法務大臣からあらかじめ兼職の許可を得ていることの報告があった。
埼玉県川口市並木2丁目24番18-905号
理事(九州地区担当)     前田 幸保 (新任)

その他質疑等
議長から、第3号議案の可決により地区担当理事が交代することに伴い、退任する理事に対する編集委員の委嘱を解除し、後任者である前田幸保理事を編集委員に委嘱する予定であること、及び質問箱委員についても地区担当理事が交代すること、並びに、浅井琢児委員(副委員長)及び小宮山秀史委員から辞任の申し出があったことから、後任の質問箱委員として次の者を選任及び指定(副委員長につき)する旨の報告が星野英敏質問箱委員長よりあったこと、新たな委員の任期については前任者の任期の満了する時までであることの報告があった。
委員(副委員長)        余田 武裕
委員              山岡 徳光
九州地区担当委員        前田 幸保
議長から、ほかに質疑、意見等の通告はなかった旨の報告があった。

以上をもって本会員総会における全議案の審議を終了したので、議長は、午前11時に本会員総会を閉会した。

上記議事の経過の要領及びその結果を明確にするため本議事録を作成し、出席した理事である議長が次に記名押印する。

令和4年6月18日
一般社団法人民事法情報研究会定時会員総会
議長・理事   小 口 哲 男

(別紙会員総会資料)

会員総会資料1「定時会員総会次第」

会員総会資料2「現在会員名簿」

会員総会資料3「令和3年度事業報告書」

会員総会資料4「貸借対照表及び附属明細書」

会員総会資料5「正味財産増減計算書及び附属明細書」

会員総会資料6「令和3年度収支計算書」

会員総会資料7「監査報告書」

会員総会資料8「令和4年度事業計画・収支予算」

会員総会資料9「第3号議案 役員改選の件」
以 上
(上記資料は添付省略)

 

令和3年6月 定時会員総会議事録

令和3年6月19日午後1時00分より、東京都新宿区西新宿1-1-3、さがみ 新宿小田急店において一般社団法人民事法情報研究会(以下「当研究会」という。)の定時会員総会を開催した。

議決権のある当法人会員総数204名
総会員の議決権の数204個
出席正会員数(委任状による者186名を含む)190名
この議決権の総数190個
出席理事 小口 哲男(議長兼議事録作成者)
同     小畑 和裕
同     佐々木 暁
同     古門 由久

 定刻に至り、小口会長が司会し、以上のとおり総会員の議決権の過半数に相当する会員の出席の下、本会を開会する旨を宣した。
 小口会長より挨拶があり、次いで定款第15条により会長が議長となって審議に入った。

第1号議案 令和2年度事業報告、決算及び監査報告承認の件
 議長は、当期(令和2年4月1日から令和3年3月31日まで)における当研究会の事業状況を「令和2年度事業報告書」により説明報告し、次の書類を提出して、その承認を求めたところ、満場異議なく、これを承認可決した。
なお、議長から、本決算には野口前会長の死亡に伴う財産引継及びこれに対する特別監査報告が含まれることの報告があった。
1 貸借対照表
2 正味財産増減計算書
3 貸借対照表及び正味財産増減計算書の附属明細書
4 監査報告書

第2号議案 令和3年度事業計画・収支予算書承認の件
 議長は、令和3年度事業計画・収支予算書を説明し、特に、収支予算において、令和3年度に限定して会費を徴収しないものとしたこと、これまで収支予算書は、前年度決算と対比して作成していたが、今回から、公益法人等の指導監督等に関する関係省庁連絡会議幹事会申合せに定めるひな型に従い、前年度予算と対比して作成するように変更したため、収支予算書だけでは予算と決算の対比ができなくなったことから、予算と決算の対比を会員に説明するための資料として、別途、令和2年度収支計算書を参考資料として作成したこと、同収支計算書を来年度以降の監事監査の対象とするため、別途、経理規程を理事会において制定することとしたことを説明したが、出席会員から特段の質問は出なかった。
次いで、議長は本議案の賛否を諮ったところ、満場異議なく、これを承認した。

第3号議案 役員改選の件
 議長は、本定時会員総会の終結の時をもって全役員の任期が満了するとともに、野口前理事の後任理事が未選任であったことから、役員の改選(選任)の必要がある旨を述べ、理事11名及び監事2名を重任又は就任させてはどうか諮ったところ、満場異議なくこれに賛成したので、可決確定した(選任された理事・監事の住所・氏名は次のとおり。)。
なお、議長から、選任された各理事・各監事からは、あらかじめ就任承諾書を提出いただいていること、また、公証人である理事・監事については、法務大臣からあらかじめ兼職の許可を得ていることの報告があった。
      理事             小口 哲男 (重任)
      理事             小畑 和裕 (重任)
      理事             佐々木 暁 (重任)
      理事             星野 英敏 (重任)
      理事             古門 由久 (重任)
      理事             浅井 琢児 (就任)
      理事(北海道・東北地区担当) 小沼 邦彦 (重任)
      理事(東海・北陸地区担当)  多田  衛 (重任)
      理事(近畿地区担当)     大竹 聖一 (就任)
      理事(中国・四国地区担当)  檜垣 明美 (重任)
      理事(九州地区担当)     中垣 治夫 (重任)
      監事             西川  優 (就任)
      監事             神尾  衞 (就任)

第4号議案 会費規程制定の件
 議長から、長年にわたり当研究会の維持・発展に寄与されてこられた80歳に達した会員について、その翌年度以降の会費を免除することとして、一般社団法人民事法情報研究会会費に関する規定(平成25年5月21日設立時社員総会決定)を廃止し、定款第7条に基づいて会費規程を制定することの承認を求めたところ、満場異議なく、これを承認可決した。

その他質疑等
 議長から、地区担当理事の一部が交代することに伴い、退任する理事に対する編集委員の委嘱を解除し、後任者を含めた編集委員を新たに委嘱すること及び質問箱委員についても同様に委員の交代と後任者を含めた新たな選任を行うこと、並びに委員の任期の定めが区々になっていることから、理事会においてこれらの委員の任期に関する規定の改正を行う予定であることの報告があった。
議長は、この際、ほかに質疑、意見等がないか発言を求めたところ、特段の発言はなかった。

以上をもって本会員総会における全議案の審議を終了したので、議長は午後2時閉会を宣した。

› 続きを読む