法務局長等人事異動(平成30年4月)

大阪高等裁判所判事    森木田邦裕(大阪法務局長)
大阪法務局長       杉浦 徳宏(大阪地方裁判所判事)
辞職(3月31日付)     喜多 剛久(広島法務局長)
広島法務局長       醍醐 邦治(大阪法務局総務部長)
大阪法務局総務部長    堀内 龍也(大阪法務局民事行政部長)
大阪法務局民事行政部長  林  淳史(大分地方法務局長)
大分地方法務局長     友利りつ子(富山地方法務局次長)
富山地方法務局次長    川野 達哉(高知地方法務局総務課長)
辞職(3月31日付)     余田 武裕(福岡法務局長)
福岡法務局長       鎌倉 克彦(札幌法務局長)
札幌法務局長       堀  恩惠(東京法務局総務部長)
東京法務局総務部長    伊藤 武志(東京法務局民事行政部長)
東京法務局民事行政部長  篠原 辰夫(京都地方法務局長)
京都地方法務局長     田中 茂樹(奈良地方法務局長)
奈良地方法務局長     鈴木 通広(福島地方法務局次長)
福島地方法務局次長    齊藤 孝志(青森地方法務局次長)
青森地方法務局次長    木野 忠和(岐阜地方法務局総務課長)
辞職(3月31日付)     秦  愼也(仙台法務局長)
仙台法務局長       西江 昭博(静岡地方法務局長)
静岡地方法務局長     渡辺 富雄(松江地方法務局長)
松江地方法務局長     冨澤 清治(人権擁護局人権擁護推進室長)
辞職(3月31日付)     松尾 泰三(高松法務局長)
高松法務局長       石山 順一(さいたま地方法務局長)
さいたま地方法務局長   境野 智子(宇都宮地方法務局長)
宇都宮地方法務局長    鈴木  朗(名古屋法務局総務管理官)
名古屋法務局総務管理官  永瀬  忠(広島法務局職員課長)
辞職(3月31日付)     前田 幸保(名古屋法務局民事行政部長)
名古屋法務局民事行政部長 泉代 洋一(岐阜地方法務局長)
岐阜地方法務局長     高見 鈴子(徳島地方法務局長)
徳島地方法務局長     岩本 尚文(訟務局訟務調査室長)
辞職(3月31日付)     佐藤  隆(札幌法務局民事行政部長)
札幌法務局民事行政部長  阿部 俊彦(青森地方法務局長)
青森地方法務局長     松田 淳一(福岡法務局総務管理官)
福岡法務局総務管理官   綿谷  修(盛岡地方法務局総務課長)
辞職(3月31日付)     千葉 和信(横浜地方法務局長)
横浜地方法務局長     須藤 義明(高松法務局民事行政部長)
高松法務局民事行政部長  岡田 治彦(長崎地方法務局長)
長崎地方法務局長     齊藤 惠子(静岡地方法務局次長)
静岡地方法務局次長    雨宮 広幸(山形地方法務局次長)
山形地方法務局次長    徳永 勝幸(秋田地方法務局次長)
秋田地方法務局次長    石崎  司(熊本地方法務局総務課長)
辞職(3月31日付)     持田 弘二(千葉地方法務局長)
千葉地方法務局長     三橋  豊(大阪法務局人権擁護部長)
大阪法務局人権擁護部長  梶木 新一(横浜地方法務局次長)
横浜地方法務局次長    樋口 祐子(福岡法務局職員課長)
辞職(3月31日付)     福田  勝(水戸地方法務局長)
水戸地方法務局長     栁田  修(福岡法務局民行部不首席登)
福岡法務局民行部不首席登 東  洋一(松山地方法務局不首席登)
松山地方法務局不首席登  安藤 英昭(高松法務局人権部第一課長)
辞職(3月31日付)     加藤 武志(新潟地方法務局長)
新潟地方法務局長     新井 浩司(鹿児島地方法務局長)
鹿児島地方法務局長    椋野 浩文(那覇地方法務局長)
那覇地方法務局長     鈴木 和男(長野地方法務局次長)
長野地方法務局次長    村井  誠(甲府地方法務局次長)
甲府地方法務局次長    高丸 雅幸(鹿児島地方法務局総務課長)
辞職(3月31日付)     山本 芳郎(神戸地方法務局長)
神戸地方法務局長     阿野 純秀(大津地方法務局長)
大津地方法務局長     數原 裕一(民事局総務課民事調査官)
民事局民事第一課長    杉浦 直紀(津地方法務局長)
津地方法務局長      菅原 武志(大津地方法務局次長)
大津地方法務局次長    坂野 恵美(鳥取地方法務局総務課長)
辞職(3月31日付)     所田 雅一(富山地方法務局長)
富山地方法務局長     小宮山義隆(広島法務局人権擁護部長)
広島法務局人権擁護部長  平出 正良(神戸地方法務局次長)
神戸地方法務局次長    波田野和孝(名古屋法務局職員課長)
辞職(3月31日付)     山﨑 秀義(岡山地方法務局長)
岡山地方法務局長     丸尾 秀一(鳥取地方法務局長)
鳥取地方法務局長     阿部 精治(岡山地方法務局次長)
岡山地方法務局次長    佐竹 昭彦(福井地方法務局次長)
福井地方法務局次長    伊藤いつき(奈良地方法務局総務課長)
辞職(3月31日付)     増永 俊朗(熊本地方法務局長)
熊本地方法務局長     土師実千秋(福岡法務局人権擁護部長)
福岡法務局人権擁護部長  久保 朝則(前橋地方法務局次長)
前橋地方法務局次長    今澤 一也(徳島地方法務局次長)
徳島地方法務局次長    八田 和恵(水戸地方法務局総務課長)
辞職(3月31日付)     巣山 弘清(宮崎地方法務局長)
宮崎地方法務局長     馬場  潤(高松法務局人権擁護部長)
高松法務局人権擁護部長  小田切 学(仙台法務局民行部不首席登)
仙台法務局民行部不首席登 髙橋  誠(札幌法務局人権擁護部長)
札幌法務局人権擁護部長  山本 憲幸(和歌山地方法務局次長)
和歌山地方法務局次長   池田 哲郎(金沢地方法務局総務課長)
定年退職(3月31日付)   原口 克広(函館地方法務局長)
函館地方法務局長     中野  亨(千葉地方法務局次長)
千葉地方法務局次長    小笠原 修(宇都宮地方法務局総務課長)
辞職(3月31日付)     播谷 秀樹(釧路地方法務局長)
釧路地方法務局長     中富 喜浩(仙台法務局人権擁護部長)
仙台法務局人権擁護部長  梅村  上(さいたま地方法務局次長)
さいたま地方法務局次長  大塚 隆夫(旭川地方法務局次長)
旭川地方法務局次長    齋藤 広安(静岡地方法務局総務課長)
辞職(3月31日付)     山本 英司(高知地方法務局長)
高知地方法務局長     齋藤  勤(長崎地方法務局次長)
長崎地方法務局次長    星野 辰守(山形地方法務局総務課長)
辞職(3月31日付)     吉川  隆(松山地方法務局長)
松山地方法務局長     山岡 徳光(盛岡地方法務局長)
盛岡地方法務局長     石打 正己(大阪法務局民行部第一法首)
大阪法務局民行部第一法首 片山 勝也(岡山地方法務局不首席登)
岡山地方法務局不首席登  正井 義一(大津地方法務局首席登記官)
定年退職(3月31日付)   柳澤 育義(金沢地方法務局次長)
金沢地方法務局次長    中井 幸雄(盛岡地方法務局次長)
旭川地方法務局次長    河井 茂行(松江地方法務局総務課長)
定年退職(3月31日付)   山中 正登(東京法務局民行部不首席登)
東京法務局民行部不首席登 小林  敦(横浜地方法務局不首席登)
横浜地方法務局不首席登  江本 修二(水戸地方法務局不首席登)
水戸地方法務局不首席登  西尾 修治(山口地方法務局首席登記官)
辞職(3月31日付)     松下  悟(前橋地方法務局首席登記官)
前橋地方法務局首席登記官 大野 正雄(東京法務局後見登録課長)
辞職(3月31日付)     林  康雄(長野地方法務局不首席登)
長野地方法務局不首席登  穗坂 浩一(神戸地方法務局姫路支局長)
神戸地方法務局姫路支局長 南多 実男(京都地方法務局不首席登)
京都地方法務局不首席登  山照多賀世(津地方法務局不首席登記官)
津地方法務局不首席登記官 大築  誠(和歌山地方法務局首席登)
定年退職(3月31日付)   松尾 雅広(高松法務局民行部不首席登)
高松法務局民行部不首席登 中山 浩行(大分地方法務局総務課長)
定年退職(3月31日付)   平田 和也(福岡法務局北九州支局長)
福岡法務局北九州支局長  柴田 保隆(鹿児島地方法務局不首席登)
鹿児島地方法務局不首席登 田原 昭男(福岡法務局民行部法首席登)
福岡法務局民行部法首席登 井上 隆幸(宮崎地方法務局首席登記官)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください